Chez Bonnet

帽子をかぶった猫のいる暮らしの話し。

コンテンツへ | メニューへ | 検索へ

土曜日, 12月 9 2017

猫付き物件。

HetK
H嬢宅に居るしゃがれメタルボイスの老猫カダフィーはなんと前の住人の猫で、
近所に引っ越した前の住人が何度も引き取りに来ても、結局H嬢の家に入ってきてしまうそうです。
我がもののように家に居座るカダフィーと、それを阻止するH嬢の攻防がまるで漫才を見ているよう。
猫相手に翻弄される姿が可笑しいやら可愛いやら。猫ってヤツはまったく(笑)

月曜日, 12月 4 2017

大移動。

parismoutier
パリの半日滞在で行ってみたかった「自然史博物館」に行ってきました。
ピカソ美術館と迷ったけど、実は一度も行った事がなかったので。。。
5年も住んでいたのに、行った事がない場所が多くて本当にもったいなかったと思う反面、
また遊びにきた時に楽しみがあるのもそれはそれで良いかな。
名残惜しかったけど夕方のTGVに乗って、ナントへ。それからローカル線に乗り換えH嬢の住む家へ着いたのは夜の10時半!
出迎えてくれたのは老猫のカダフィー(雌)さんでした。

水曜日, 11月 29 2017

まだ一日目。

madameO
一日目が長過ぎてまだ終わらず。
M君の家で充電した後、ちょっと一緒にパリ散歩したのですがこれは次回で、
フランスに行ったら必ず会いたかった友人のOちゃんに会いに行きました。
約束場所のたまたま近くにあったブラッスリー?レストランでランチ。
店員さんも正にパリのギャルソンと言った感じの気さくなおじさんたちで楽しく、美味しいひと時を過ごしました。

久しぶりに再会した友人はそれはそれは美しく、すっかり見とれてしまいました。
柔らかなハイネックのニットが彼女の髪色にとても似合っていて、身にまとっている宝飾品も
小振りながら質の良さを伺えました。
自分があまりにもボロボロで(長時間フライト+スッピン)一緒にいるのが若干つらいぐらい(笑)
フランスに行くと、自分に似合ったオシャレをしている人が本当に多く、毎度感心させられます。

土曜日, 11月 25 2017

day1 à Paris

day1_1
day1_3
day1_2
フランスについて早々、電話のバッテリーが10%を切るという緊急事態に見舞われました。。。
飛行場の充電スポットがなぜかことごとく故障しているというフランス的事態に
「嗚呼、連絡手段が!」と朝の5時から絶望的に。
その日の予定を急遽変更して、M君の家に充電をさせてもらいに行く事にしました。
写真はM君の家の階段とか、本棚に置いてあった置物とか、パンとか。
こういったフランスの日常風景がやっぱり心から好きだな〜とトキメイてしまいました。

月曜日, 11月 20 2017

行程。

letraget
今回は贅沢に羽田発のAFで出発。
仕事の後一度家に帰りシャワー→キャッツらにバイバイ→羽田→CDGという強行スケジュール。
体的にはきついですが、時間を有効に使えるので体力のある人にはお勧めのフライトです。
パリに朝4時着の便なのですが、ここからがさらに長旅。
パリに半日滞在→17時のTGVでナントまで2時間→さらに電車でH嬢の住む町まで30分の移動!
いったい何時間起きて、どれくらいの距離を移動しているのか考えるだけでゾッとします。。。
幸い友人のM君がパリから同行してくれたので無事にH嬢のお家までたどり着けました。
彼がいなかったら、多分というか絶対モンパルナス辺りで力尽きてたと思います。M君には感謝感謝。
というわけで、自分の移動軌跡を地図上に印してみました。
アラフォー女子にしては頑張った移動距離だと思います。

- ページ 1 / 130